なぜ始めたのか

<Vision>

Create the Future of Baseball
可能性を実現し野球の未来を切り開く

なぜ野球に関するクラウドファンディングを始めたのか

現在日本を襲っている未曾有のコロナ禍で、多くの野球に関わる人々が『野球を楽しむ日常』を奪われています。日本プロ野球界のみならず、学生野球や社会人野球に草野球も中止、延期、無観客試合など対応をせざるをえず、外出自粛によって現在・未来の野球小僧もボールを追う機会が少なくなりました。
そんな大きな影響を受けた野球界に対して何かできる事はないのか?
何か貢献できることはないかと考えた結果、我々が辿り着いたのは「野球界の未来を創造したい」という考えです

『野球界における新しい挑戦を応援したい』
『野球イベントが盛り上がるお手伝いをしたい』
『今までにない斬新な野球商品を開発して欲しい』
『野球を知らない子供達に少しでもプレイする楽しみを知る機会を作りたい』

それはつまり「野球特化型のクラウドファンディング事業」を立ち上げることでした。
野球を愛する多くの人々が手を取り合い、球場や夏の甲子園の声援のように みんなの力を合わせて、
1つのアイデアを何倍・何十倍にも高めていく。
それが 野球クラウドファンディング「KIMEDAMA」です。

WE LOVE BASEBALL

クラウドファンディングは元々「好きなジャンル」に出資してリターンを得るものです。
ならばこのプロジェクトは全て野球に関わる事、そして「野球好きが集まる」場があれば最高だと思いませんか?
現在のクラウドファンディングでは様々なジャンルの企画が混じり合っているので、野球プロジェクトを作っても起案者側からすればプロジェクトが推されず目立ちにくい…野球人に知って欲しいのに他の物に紛れてしまう。
支援者側からすると「これは出資したい!」と発見した時にはプロジェクトの募集はすでに終了している。
我々はこれを問題と思い『野球専用のクラウドファンディングシステム』が必要だと感じた事から特化型サービスを開発致しました。
個人・法人の垣根なく”野球好き”が集まり、効率の良く野球プロジェクトが広がって欲しい
それが「KIMEDAMA」の願いです